人材不足の車関連の業界でも増えている一人でできる仕事

人材不足の車関連の業界でも増えている一人でできる仕事

自動車業界は現在深刻な人材不足を抱えており、そのために多くの自動車メーカーでは積極的に雇用を行っていますが、その仕事内容が複雑であることや勤務態勢が不規則であることから、なかなか良い人材が集まらないのが現状です。
多くの人が協力して作業を行わなければならないため、そのためのチーム編成ができず生産効率が低下してしまっていると言うことも多いのですが、最近は多くの企業がこれに対する対策を行っており、一人でできる仕事が増えている傾向もあります。
特に多くの自動車メーカーではロボットなどを積極的に導入し、複雑な作業をロボットに行わせることも積極的に実施しています。
ロボットの制御は一人でできる仕事であり、また自分自身で作業を行うことがほとんどないため、従来に比べて労働量が少なく、また体力的な指導も少ないのがポイントとなっています。
加えて、従来は体力や精神力などが必要となることも多かったのですが、それよりもロボットの制御の技術を学ぶことが重要になっているのもポイントです。

ドライバーは人間関係にあまり悩まされない一人でできる仕事

社会に出て仕事をすれば、いろいろと面倒な人間関係が発生してくれるのは避けられませんが、人間関係を築くのが苦手という人も少なくありません。
「一人でできる仕事があればなあ」と考えている人も多いでしょう。
完全に一人でできる仕事というのは無いといってもいいですが、そんなに人と接しなくても済むという職業は、探せば結構あります。
その代表例がドライバーの仕事です。
車を使って色々なものを運ぶ職業ですが、この仕事は運転中はほぼ一人なので、あまり人間関係に煩わされずに仕事をすることができます。
一口にドライバーといっても、色々ありますが、タクシー運転手は人間関係が苦手ならやめた方がいいでしょう。
タクシーは毎日見ず知らずのお客さんの接客に当たらなければいけないので、人間関係が苦手だと消耗します。
おすすめなのが長距離運転手です。
何百キロもの遠隔地に荷物を運ぶ運転手は、ずっと長時間一人で運転できるので、あまり人に会わないで済みます。

筆者:西坂雅俊

筆者プロフィール

東京都荒川区生まれ。
人間関係に悩むことが多かったので、思い切って一人でできる仕事を始めました。